バナー

交通事故を弁護士に依頼する時の全ての費用を計算する

交通事故が発生した時には、その問題を処理してくれる弁護士に相談をしなくてはいけません。
では、こうした法律家に相談する時にはどのくらい費用を用意しなくてはいけないのでしょうか。
まず、交通事故の法律相談をする際には相談料金というものが30分あたり5000円の料金で取られます。


相談時間が長くなればなるほど料金は大きくなるシステムなのですが、実は相談内容とは無関係で料金は大きくなるので相談をするだけならば短い時間でまとめたほうは料金は安くなると言えます。



そして、次に費用がかかるのが着手金という事務手続きに関連するお金です。
着手金は、裁判や示談などがなくても支払わなくてはいけないお金で実際に法律家が仕事に着手した段階で支払わなくてはいけません。

交通事故の弁護士にまつわる情報をまとめています。

法律事務所によっては着手金の中に交通費などを含めることもありますので、その点に関しては注意をして計算しましょう。

最後にかかる費用が、裁判や示談などによって必要になるお金です。

この費用に関しては成功報酬として後からお金を支払えば良いということを知っておきましょう。


交通事故に関しては、被害者側として弁護士を用意した場合には成功報酬として慰謝料や示談金の有無が考慮されます。


保険会社の交渉をする前にあらかじめ勝ち取った分の報酬がいくらなのかを計算してもらうことになるので、そのお金を支払えば十分です。

Infoseek ニュースのサイトが登場しました。

交渉に失敗したときにはもちろん報酬は非常に小さくなるので知っておきましょう。