バナー

交通事故の慰謝料はとても複雑

交通事故に遭ってしまい、相手に慰謝料を請求する場合、実際いくらまで出してくれるか、すぐにはわかりません。

例えば、どちらに過失があり、過失割合はどうなのかという問題もありますし、全ての費用がわからなければ請求しようがありません。



主な賠償金の中身としては、治療費や通院費、休業補償といったものに合わせて慰謝料が入ってきます。


例えば、入院や通院で精神的な苦痛を強いられたとか、後遺症を抱えてしまった場合などに支払われます。
ですので、決まる前からお金について口を出していくのは、正当なお金すらもらえなくなる可能性を生むので、できる限り当事者はタッチしないようにしましょう。

交通事故の慰謝料に関する計算式はだいたい決まっており、実際に治療した日数を2倍した日数、もしくは治療期間のいずれか少ないものを選び、その日数に4200円をかけた金額となります。

交通事故の慰謝料の詳細は専用ホームページで紹介しています。

例えば、入院と通院で計30日、治療期間50日の場合、入院通院期間30日を倍にすると、60日になるため、この中では少ない治療期間50日に4200円をかけることになります。

Girls Channelについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

すると、21万円が精神的苦痛の対価となります。
亡くなった場合、後遺障害が残った場合などはまた別の計算式でやっていきます。自賠責保険での上限を超えた分は、加害者の任意保険で支払われることになりますが、この部分で金額を巡る争いごとが起きます。要するに、保険会社側が少しでも保険金を抑えようとしてくるからです。
こうした時に、交通事故に精通した弁護士を用意し、相手の保険会社と交渉することになります。

相手はプロなので、交渉事は全て弁護士に任せましょう。