バナー

裁判で交通事故の慰謝料を請求することもできる

交通事故の慰謝料は、示談金のように交渉を通してでしか手に入れることが出来るものではありません。裁判をして法律的な強制力で賠償を請求することもできます。

交通事故の賠償請求に関しては、裁判で賠償を請求することが出来るにも関わらずほとんどの人が示談によって交渉を行います。

Infoseek ニュースを詳しく調べるなら便利なサイトです。

実際に、統計的なデータをとると裁判で賠償請求を争う人は全体のわずか1%しか存在しないことがわかっていますので、裁判で賠償請求をすることは非常に珍しいことであると言えます。

では、なぜこのように示談に偏ってしまうのでしょうか。
これにはいくつかの理由がありますが一つは裁判を行うと時間がかかってしまうという点が挙げられます。

交通事故の慰謝料は無限の可能性に満ちあふれています。

交通事故の被害にあうほとんどの人は、仕事をしている社会人であることが多いです。



特に、自動車同士の事故であるのならば成人している人が運転をしているわけですから、被害者も自由な時間は少ないと言えます。
弁護士に依頼をすれば確かに裁判を代替で進めてくれますが、賠償請求をして実際にお金を手にする時間が長くなってしまうと治療費や自動車の損害によって生じた損失を填補する機会が非常に後になってしまいます。


もちろん、こうした状況を理解しながら裁判をすることもできます。

裁判のメリットは、示談交渉よりも高い金額で相手に対して慰謝料を払わせることが出来る点にありますので、現状に納得がいかないのであれば裁判をするメリットは大いにあると言えます。