バナー

交通事故の慰謝料交渉に弁護士を頼んだ時の費用

交通事故の慰謝料は、交渉次第で上にも下にも変動するものです。しかし、多くの人が交通事故に遭うという経験がないため、被害に遭ってしまった時、どうしたらいいのか分からずに相手側の保険会社の言うがままに提示された慰謝料の金額で飲んでしまうことが少なくありません。

NAVERまとめの情報サイトです。

保険会社の提示する金額は必要最低限であることがほとんどですので、結果として被害者側は大きな損をしてしまうことになるのです。


そうならないためにも、弁護士に早めに依頼をすることが重要なのですが、ここで気になるのが弁護士に依頼をした時の費用でしょう。
弁護士に頼むというとなんとなく費用がかかるというイメージを持っている方も少なくなく、慰謝料を増やすことが出来ても、そのほとんどをとられてしまうのではないかと考えてしまうかもしれません。

しかし、実際のところ、弁護士費用はそれほど高いわけではありませんし、弁護士事務所のほとんどで料金を明朗会計化していますので依頼をする前にどれくらい必要なのかを知ることも可能です。一般的な相場としては、着手金20万円程度に加えて、事案が解決した際に得た賠償額の10%程度となりますので、ほとんどがとられてしまうということはありません。

人には聞けない珍しい交通事故の慰謝料情報を検索しましょう。

ですので、よく分からないまま、保険会社や加害者側との交渉の場に立つよりは、最初から弁護士に頼んだ方がスムーズかつ安心といえるのです。



また弁護士を頼む際には、必ず交通事故を専門としているかどうかを確認するとよいでしょう。